YAFUMIFXデイトレードブログ

役員を務めていた会社が倒産。2000万円の借金を抱えたまま一人で2019年にリフォーム会社を企業。返済に追われながら2020年1月にFXと出会い2月からFX開始。70万円の証拠金を6月に溶かす。7月から再起をかけFX再開。猛勉強の後8月に証拠金全額回収。現在は会社経営とFXの両建てで頑張っています。このブログでは僕が勉強してきたFXのエントリーポイントを解説し、自分の勉強とこれからFXを始められる方に少しでもお役に立てればと思っております。

10月17日(土)【Weekly】FX 今週のチャート分析及び環境認識と来週のチャート予想『ドル円・ユーロドル』

YAFUMIFXデイトレードブログへようこそ。

 今週も1週間が終了しました。いよいよアメリカ大統領選も近づいてきておりますし、EUとイギリスのブレグジット問題でも日々チャートの変動が確認されております。

 個人的には今週は難しい1週間となりましたが、来週はしっかりと収益を伸ばしていきたいと思いますので、今週のチャートの振り返りと来週のチャート分析をきっちりと行っていきたいと思います。

 今週あまり調子が良くなかったので、来週はドル円とユーロドルに絞ってトレードしていこうと思いますので今回はドル円とユーロドルのチャート分析をしていこうと思います。

 

ドル円

f:id:yafumifx:20201017213529p:plain

ドル円 日足

f:id:yafumifx:20201017213600j:plain

ドル円 4時間足

f:id:yafumifx:20201017213622j:plain

ドル円 1時間足

 こちらドル円の日足・4時間足・1時間足になります。

 

ドル円今週の値動き)

 ドル円の今週の値動きですが、月曜日は先週先週金曜日から始まった下落トレンドの戻り売りが成功し下落。先週月曜日の押し安値まで下落しました。その後火曜日は一旦の戻りが入りましtが、月曜日の戻り売りのレートで反発。

 水曜日は火曜日の陽線の押し目が入りかけましたがこれば高値まで届かずに押し目が崩れたことにより更に下落。月曜日の安値を更新し先々週金曜日の安値手前まで下落しました。

 その後木曜日に戻りが入り105.5円まで買われましたが金曜日の東京時間から下落。三尊天井になって下落する可能性もありましたが三尊天井は否定されて金曜日の夜に上昇。105.5円手前でクローズして終了しました。

 

ドル円環境認識)

 ドル円は4時間足を確認して頂くと青色のラインの陰線の中での値動きとなっています。

 緑の上下のラインが今月の高安になりますが、緑のラインの下は4時間足の青色の下のラインから上昇してきた波の半値の押し目買いのポイントになります。今週はこのラインまで落ちてきましたが抜けませんでしたので、押し目はまだ崩れていません。

 更に目線を絞ると現在は今月安値からの押し目買いと今月高値からの売りの攻防エリアとなっております。

 こちらを下抜けるか上抜けるかするまでは4時間足レベルでのトレンドは発生しませんので高安の中でのレンジ相場が続く形になります。

 

ドル円来週のチャート予想)

 来週のドル円の値動きですが、ショートの目線は、青色の矢印になります。105.5円への2回目の試しが入って抜けなければダブルトップが完成する可能性もありますのでそこからショート。このショートは8月安値(105.102円)もしくは105円の切番、その下に今月の暫定安値(104.943円)がありますのでそこまでを狙ったショート。ここは4時間足レベルの押し目買いの候補なので抜けるのは難しいと予想しています。

 万が一抜ければ104.5円や7月安値(104.194円)、先月安値(104.002円)まで下落する可能性があります。

 ロング目線は、オレンジの矢印になります。105.5円を抜けて押し目をつければ、短期足はダウ理論的に上げに転換するので押し目からロング。こちらのロングは、105.76円付近に強い売りのレートがありますので一旦はそこまでを目指したロングになると見ています。そこを抜けると5月安値(105.986円)、106円の切番、もしくは今月の暫定高値(106.107円)を目指す流れになると思います。

 もう一つは一旦売られるのを待って今週安値や今月の安値まで落ちてくれば105.5円抜け期待のロングエントリーを考えていこうと思います。

 

 ドル円の来週のエントリーシナリオはこのように考えています。

 

【ユーロドル】

f:id:yafumifx:20201017215407j:plain

ユーロドル 日足

f:id:yafumifx:20201017215439j:plain

ユーロドル 4時間足

f:id:yafumifx:20201017215503j:plain

ユーロドル 1時間足

 こちらユーロドルの日足・4時間足・1時間足になります。

 

(ユーロドル今週の値動き)

 ユーロドルの今週の値動きは、月曜日は先週陽線の押し目買いが入りましたがこの押し目買いが先週高値まで届かずに火曜日の東京時間から下落。月曜日の安値から再度買いが入りかけましたが、1.80の切番に阻まれて一気に下落。

 先週水曜日の押し目が入ったレートまで下落してきました。

 水曜日に火曜日の安値を試して一旦上昇しましたが売りのNゾーンの裏にあたって反発。木曜日にショートが勝って戻り売りが成功し更に下落。8月安値(1.16958)を少し下抜きましたが、金曜日に反発。水曜日から木曜日にかけて出来た高値切り下げのダブルトップのネックラインまで買われましたが、その後夜に少し売りが入ってクローズしました。

 

(ユーロドル環境認識)

 ユーロドル日足はオレンジのラインの上昇波の半値からの押し目買いと4時間足の青色のラインの陰線の半値からの戻り売りの攻防と見ています。

 今月の高値は4時間足の青色の陰線の半値から戻り売りが入った箇所となっています。

 更に目線をつめる木曜日に下落してきた波の今月の安値は日足の押し目から上昇してきた波の半値の押し目買いのポイントになっているという状況です。

 

(ユーロドル来週のチャート予想)

 ユーロドルの来週の予想ですが、金曜日に日足の押し目買いで出来るた陽線の更に半値付近の押し目買いのポイントで一旦反発を見せて終了している状態です。

 ロング目線はオレンジの矢印になりますが、この押し目買いが成功すれば赤色のラインが売りのNゾーンなのですが、こちらを更新すれば押し目が成功する可能性が高くなります。

 ですので、売りのNゾーンの高値1.17576付近を上抜けて短期足で押し目をつければロング。このロングは次の売りのNゾーン(高値1.17944~安値1.17795)付近までは買われる可能性が高くなりますのでそこまでをロング。

 更に抜ける場合は1.18の切番や今月の暫定高値の1.18307を目指す展開になると思います。

 もしくは一旦金曜日の高値からの売りを待って下げ止まりを確認してからのロング。

 ショートの目線は青色の矢印になりますが、売りのNゾーンを再度試して上げ止まればショート。このショートは金曜日の終わり値付近で揉み合いをつくっていますのでこちらで反発する可能性もありますが、抜け期待で1.17の切番や8月安値(1.16958)もしくは今月の暫定安値1.16885までを狙ったショート。

 今月安値を更新するのは難しいかもしれませんが安値を更新した場合は更に下落しますので4時間足チャートの青色の陰線の安値までをショート。

 次にショートが入って今月の安値を更新しない場合はレンジもしくは短期的に上昇トレンドになる可能性がありますので安値追いは気を付けた方が良いかもしれません。

 

 ユーロドルのシナリオはこのように考えています。

 

 

 今週はマイナス収支で終了しました。ドル円、ユーロドル、ユーロ円のみをエントリーしてマイナス収支出した週は今まであまりなかったのですが、今週は思った通りのシナリオにならずエントリーが出来ませんでした。エントリー回数事態も3回で損切1回、微益2回という結果になりました。

 わからない相場をやりたくはないので、わかる相場をきっちり待って来週もエントリーを考えていこうと思います。

 今週プラス収支を出せた方はおめでとうございます。

 僕も再度気を引き締めて来週はプラス収支の結果を報告できるように頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

 良ければ読者ボタンもよろしくお願い致します。

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/yafumifx/yafumifx.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

【FXトレーダー必須の良本】

 

 

 

ゾーン — 相場心理学入門

ゾーン — 相場心理学入門

 

 

 

【勝率87.5%】鉄壁FX

【勝率87.5%】鉄壁FX

 

 

【予約している本】